残業代請求情報サイト「時間外で働く」の残業行為とは

残業行為とは

残業行為とは元々は会社側が残業して仕事をして欲しいという欲求に応じて行う事です。決まっている就業時間以外に働いてもらうにはそれ応用の費用や賃金が必要になるようにして会社が認めた上でお願いすることが元々の残業のルールになっています。本当に必要な残業なのか明日でも出来る内容ではないか。だらだら仕事中していたからこその残業仕事なのではないか。という事が判断が難しいのです。会社会社でルールをきちんときめておかなければいけないのです。

残業は会社が命じる事ですが、従業員でも長く働いている人の中には必要だと判断して会社に認めてもらうようになります、この認めてもらう作業がなければ残業費用を目的として残業する人が増えて請求が激しくて給料を支払う行為だけでも大変な事になってしまうのです。
なので、初めに会社が認めたうえで残業すれば後の申告書が必要なくなるので無駄な残業時間や残業代がきえるようになってくるのです。
その日に残業したくても上に認められなければ、残業せずに帰宅しなくてはいけないという事になるのです。

しかし会社の上にたつ人は残業してまでしなければいけない事なのかどうかの判断も確実におこなわなければいけないですし、あれもこれも明日出来るでしょなんて行ってると、サービス残業のように提出しないで会社に残ってしまう残業を行う行為に繋がっている事も増えているのです。会社からすると提出しないから給料もいらないし、仕事するし、しらないフリしておこうという行動を行っていると、過労で倒れてしまったりするとまた大変な事になるのです。
会社の売り上げだけでなく、容量なども含めて考える事の出来る人が担当に付かせる事が出来るかどうかという事で会社の未来も変わってくるようになります。より確かな判断が上司には必要になってくるという事なのです。

残業行為を行えば、証拠としてタイムカードでも手帳でものこしておけば退職しても請求できますし、二年以内ならよりよいです。ほとんどの人が働いている期間ではなくやめてから請求書などを郵送でおくるようにしているのです。はたらいている時には請求後に、働きにくくなってしまう事が目にみえているので誰も行うことはしないのです。